社員インタビュー

新しいことにチャレンジしたい OEM東京 営業企画 武廣絵美 2008年4月入社
入社から現在までの仕事で、印象に残っていることは何ですか?
入社してすぐは、新宿アルタ店での販売職に就きました。新しくできたブランドのお店だったのですが、革靴を取り扱うブランドで、価格帯がすごし高額設定なのと、デザイン性のあるブランドだった為、1日の売り上げ足数は良くて1,2足でした。そんな中、なぜお客様はこの商品を購入するまでに至らないのか、また、どうすれば売れるのか、日々考えていました。今思えば、その時にものを売る為にはどうすればいいのか、試行錯誤をする毎日の中で大事な経験ができたと思っています。次に配属されたお店は、その当時全国で1番売り上げている店舗の渋谷109でした。そこでは非常に多くのお客様の意見を頂き、今何が市場で求められているのか、何が売れるのかを日々勉強していました。次の配属先の企画職では、販売で得た知識と、新しく学ぶ靴の構造など、実践しながらものづくりの楽しさ、難しさを学びました。そして、今いる製品卸事業部での営業企画というお仕事では、これまで経験してきたことがすべて活かされ、今何が市場に求められ、お客様の求められているのか、先回りしてご提案し、提供し、多くのご満足の声を頂いております。
入社してから現在までのエピソードを教えてください。
販売スタッフから商品企画に異動した時、靴の構造、作り方など知識が乏しく、右も左もわからない状態でした。自分以上に周りの先輩は大変だったと思いますよ(笑) 入社前から、商品企画の仕事には興味があり、「1日でも早く仕事を覚えたい!」という気持ちが強かったので、わからない事はそのままにせず、素直に聞いて、聞いたことはしっかり吸収するよう心掛けていました。今は、さまざまなブランドの商品開発に携わっていますので、商品化に繋がる提案ができるよう、仕事を通してスキルアップしていきたいです。
現在、担当している仕事で、面白さ、やりがいを感じることは何ですか?
現在は、主に日本のアパレル様への靴をメインとした服飾雑貨のご提案、商品化のお仕事をしています。 シーズン毎のトレンドを勉強し、ブランド様ごとのテイストによるご提案をして、そのご提案が採用されて実際に商品化されることはすごくやりがいを感じることです。しかも、その商品が売れて、追加生産を頂けたり、お客様の反応が見えるとうれしいです。ブランド様ごとで、売れる商品が全然違ったり、テイストが違ったりすることも、ご提案の幅が広がり、日々楽しくお仕事が出来ています。
今後挑戦したいことは何ですか?
全く新しい市場で新しいことにチャレンジしてみたいです。例えば、海外市場への参入や、いま日本にあるアパレル様への服飾パーツのご提案など、実際に自分が見て、よいと思ったものをお客様へご提案し、安定供給の道筋を作れたらと思っております。日本のアパレル市場は縮小していると世間では言いますが、人のかわいいと思う感覚や、これを身に着けたい、買いたい、という感覚は必ずあって、 その感覚にスピーディに対応、作り出せる企業は成長できると思っています。そのためには自分の興味、関心を日々研ぎ澄まして、世の中の流れを読み取っていくことが大事だと考えています。
就職活動中の皆さんへアドバイスやメッセージ
日々の生活の中でも、アルバイトでも、どのような職種についても、経験に無駄は1つもありません。 その経験の中で自分がどのように考え、なにを学ぼうとするのか、その姿勢が非常に大事だと思います。日々成長しながら、楽しく一緒に働ける仲間をさがしています。就職活動、頑張ってください!

経歴

2008年4月 新卒入社 Cizare新宿アルタ店配属
2008年8月 エスペランサ渋谷109店
2009年9月 エスペランサ商品企画 専任デザイナーへ昇格
2011年2月 資材卸・製造部OEM東京 営業企画
2013年3月 資材卸・製造部OEM東京 営業課長へ昇格